ウズベキスタンは砂漠型の気候であり、昼と夜の気温の差が非常に激しい。また豊かな伝承を持っている。古代から、ウズベキスタンは、異なる国の言語と文化、文明の出会いの場であり、商人同士のつながりであるキャラバンルートの交差点となっている。ウズベキスタンの都市はオアシスを通じて何百年もの間、中国とヨーロッパを結ぶシルクロードのキャラバンだった。サマルカンド、ブハラ、ヒヴァ、シャフリサーブス、テルメズ、タシケントの古代都市はシルクロードの何世紀もの歴史を具現化し、東西を結ぶ高速道路を造った人々のメモリとしての役割を果たし続けている。

ウズベキスタンでは、ここに住む人々の歴史、文化、伝統、生活様式を学ぶだけでなく、世界各地の人々が巡礼をする聖地を観光することが出来る。歴史的な場所、建造物、博物館や美術館、(たとえば、古代の要塞、モスク、マドラサ)古代の建物や構造だけでなく、公園、祭りやその他の文化イベントを見学することができる。

ウズベキスタンのバザールでは、強い太陽光で生き生きとして培われた豊かな果物や野菜、新鮮で焼きたてなウズベキスタンのナン、サムサの豊富な味を堪能できます。 また首都のタシケントでは、歴史的な博物館、日本人逮捕が建設を手伝った劇場、ウズベキスタンに関する展示会場、おしゃれなカフェ、高級なレストラン、ナイトクラブ、落ち着いた ホテル、緑豊かな公園などが様々な場所に存在する。 夏の暑い日に人々をいやす多くの公園の裏通りにある魅力的な噴水や、世界一クールなソビエト式のタシケント地下鉄、そしてタシケントタワーでは美しいタシケントの街が見降ろせる。タシケントは中央アジアで最も高いテレビ塔である。 その高さは375メートルに達し、世界で11番目に大きい高さだ。室内には 展望台と素晴らしいレストランがあり、ウズベキスタンの各国料理を味わうことができる。

 

シェア

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

thirteen + ten =